読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニヲタにおすすめしたいディズニーリゾート

 ジャニーズをディズニーランドのアトラクションに例えるなら、TOKIOはどう考えてもトムソーヤ島である。そんなことを考えながら、ハニーハントの長い長い列に並んでいた。

 ディズニーとジャニーズは切っても切れない縁があると思う。かたや夢と魔法の王国、かたや夢と魔法の芸能事務所であるが、実際に、番組の企画としてコラボレーションしていることも少なくない。1番新しいものだと、去年のクリスマスにリトルトーキョーライブの生中継をシーから放送したことであろうか。兼業ヲタクの夢と希望に満ち溢れた1時間だった。パラパラ全盛期の頃にはミッキーと拓哉さん*1がスマスマで踊っていたような気がする。

 前置きはこれくらいにして、今回はジャニヲタにおすすめしたいディズニーリゾートについて書こうと思う。私はジャニーズもディズニーも比較的ライトなヲタク*2なので、私よりももっとライトな人に向けて書いていると思ってほしい。言うなれば、ヒ○ナンデスで得られる程度かそれ以下の情報である。


ミッキーのフィルハーマジック

聴いても見ても楽しい魔法のコンサートには、ミッキーマウスやドナルドダックのほか、たくさんのディズニーキャラクターが登場!さあ、ドナルドと一緒に息を飲むようなディズニーアニメーションの世界へ!

(公式サイトより引用)
 ミッキーのフィルハーマジックオーケストラのコンサートにやってきたゲストは、開演直前に逃げ出した魔法の帽子を追いかけて、スタッフのドナルドと一緒にディズニーアニメーションの世界を巡る…そんなシアター型アトラクションである。
 言うなれば、うっかりさんな藤井流星くんと一緒に、Endless SHOCK、PLAYZONE、滝沢歌舞伎の名場面を見て回るアトラクションである。 私には藤井流星くんがドナルドに見えて仕方がないので、今回は藤井流星くんで考えることにした。美女と野獣、リトルマーメイド、アラジンが上記の3舞台に当てはまるのかと言われると何とも言えないが、豪華さで言えば近いものがあると思う。
 ディズニーの音楽が好きな人にはぜひ行ってほしいし、大画面で見るライオンキングのシンバ(幼少期)は凄くショタショタしくて可愛いので、ちびジュしか愛せないなんてJr.担の人にも行ってほしい。


スティッチ・エンカウンター

トゥモローランドに設立された「スティッチ・モニターステーション」に訪れたゲストは、シアター内のスクリーンに映されたスティッチとリアルタイムな“交信”を体験していただけます。いたずら好きのスティッチとの、ユーモアと驚きにあふれるやりとりを、ご家族みなさまでどうぞお楽しみください。

(公式サイトより引用)
 スティッチが客いじりをする約10分間である。シーにあるタートルトークとあまり変わらないし、多分面白さはタートルトークの方が上…な気がするが、とにかくスティッチが可愛い。きゅるんとしたおめめはひゃくてんはなまる〜できるこ〜♡である。
 ノッてくるとスティッチがギターを弾き始めてまあまあキーの低い歌を「一緒に歌って」と言ってくれる。多分LOVE YOU ONLYのサビを歌ってもらいたがるTOKIOが好きな人にぴったりだと思う。ちなみに手拍子も煽ってくるのだが、リズムを取るのがなかなか難しいので注意。


テーブル・イズ・ウェイティング

世界一周の旅から帰ってきたミッキーが、ゲストの皆さんに世界中の楽しいお土産を持ち帰ってくれたようです。ドックサイドステージの豪華なダイニング・テーブルに招待された皆さん、名おもてなし役のルミエールがお待ちかねですよ!

(公式サイトより引用)
 世界中の料理をテーマにした衣装と曲とダンスで、ミッキーたちが歌って踊るミュージカルショーである。いやあ、もう、何から何まで凄く可愛い。チップとデールに乗せられて唐辛子を食べたドナルドが、唇に明太子を付ける場面が特に好きだ。私のディズニーでの自担はドナルドだから、自担(ドナルド)と自担(淳太くん)のコラボである。ちなみに自担(淳太くん)は常に唇に明太子を付けている。
 イタズラ好きなチップとデール、それに振り回されるドナルド。そんな関係はジャニーズ内のあらゆるグループ、ユニットでも見ることができるし、そんな関係が好きなヲタクも多いだろう。少なくとも、重岡くんによる淳太くんいじりが好きな人にはぜひとも見てほしいショーである。



 取り急ぎ、ランドから2つ、シーから1つのアトラクションとショーを挙げてみた。テーマポートでいえば、アラビアンコーストが個人的に大好きなのでおすすめしたい。建物がエキゾチックで散歩するだけでも楽しいし、カスパフードコートのタンドリーチキンは安くて美味しい。それに加えて、夜になれば広場から花火が綺麗に見える。運が良ければ錦戸くん風のアラジンにも会えるから、一石二鳥の騒ぎではない。


ジャニヲタにおすすめしたいと言っておきながら、まあまあ狭い範囲のヲタクに向けて書いてしまったような気がするし、各方面に失礼な書き方をしてしまっているように思うので、ただのライトなヲタクの冗談だと流して頂ければ幸いである。

*1:木村拓哉さん

*2:大阪在住で年2回インパできればハピネスな程度