上半期総括〜徒然現場雑記〜

5月の終わりの頃には「えっ!もう6月!?やだ〜早いよ〜」とか騒いでたんですけど、今月暇すぎてもうさっさと6月終わってくれないかなとか思っている次第です。よく考えれれば、去年の10月から今年の5月まで毎月最低1回は何かしら誰かしらの現場があって、現場のない月なんてなかったんですよね。9ヶ月ぶりに何もない6月。そりゃ暇だわ。正直暇すぎて女の子アイドルのお渡し会の日程とか調べてました。ちょっとスケジュールが合わなくて断念したんですけど。

 

それじゃあさくさく振り返っていこうと思います。ほとんど旅行記です。

 

1月

1日 カウコン@東京ドーム

生まれて初めての東京ドーム。すぐまた関東方面に来る予定があったものの、お年玉を回収するためだけに大阪へ一時帰宅しました。新年の計は元旦にあり、とはよく言ったものでここから怒涛の現場が続きます(当社比)

 

3,4日 なうぇすと@横アリ(3)

前述のすぐまた関東方面に来る予定、のそれです。セトリのネタバレとか気にしない派というか、そもそもネタバレ論争に巻き込まれたくない私は意地でもツアーの初日に入りたい。OPでWESTが着ていた宇宙柄の衣装が本当に好きで、Unlimitedは宗教ソング。横浜公演確か全部で9公演とかあったと思うんだけど、冬休みがめちゃくちゃ短かったので早々に切り上げて帰りました。この頃はまだまだ淳太担。4日の公演はりちゃぴの立ち位置スタンドの後列だったけど「あ♡りちゃぴ♡」と思うくらいで、持っていたのは淳太団扇だけ。

 

12日 エイターテイメント@京セラ

NOROSHIめちゃくちゃぶち上げてきたよ!!!安田くん(元担)のかっこよさに久々にひれ伏していたものの、もうFCは更新しないでおこうと決めていたので今までありがとう的なポエム団扇を見せました(過去記事参照)ちなみにいろいろなご縁があって夏ツアーお邪魔することになってます。しかも大阪と名古屋の2公演。わたし安田担の頃俗に言う多ステなんてしたことないのに、おかしいなあ。

 

21,22日なうぇすと@サンドーム福井(2)

テスト期間中だったにも関わらずリチャ団扇の作成を決意。三文字の団扇ってどう押し込むかめっちゃ悩みますよね。(リ)(チャ)でいくか(リチ)(ャ)でいくか色々考えた結果、無理やり2枚に三文字押し込みました。組み立て式だよ!淳太くんが近くに居ない瞬間を狙ってリチャ団扇を見せ続ける浮気行為に勤しむ従順?なSlaveやってました。とはいえ

おせむ、初めてリチャに団扇を視認される。

1日目終演後に2日目に一緒に入る予定だったお友達から急遽行けなくなったと連絡があり、大慌てで同行者を探したのも今となっては良い思い出です。夜中のサイゼリヤで。福井まで来てサイゼかよって今なら思えるんだけどその日はめちゃくちゃ体調崩してて、淳弥担(当時は淳太担)のお友達が甲斐甲斐しく白湯とか汲んできてくれた…やさしい…

結局2日目は末澤担のフォロワーさん(照史くんも好き)が来てくれることになりました。ちなみにサンドーム福井って小さいからスタトロに1回の公演で全員乗れちゃうんですよ。照史くん淳太くんのスタトロのタイミングと、末リチャが外周回るタイミングがギリギリで「あっ、やだ!淳太くん来る!待って!リチャ来ないで!来ちゃだめ!淳太く〜〜〜ん!!♡♡♡」→「りちゃ〜〜♡♡♡」→「えっもう照史くん!?待ってすえ来てるwww照史くん来ないで!すえ〜〜!!」→「照史くん!!!照史くん!!!」って騒いだのめちゃくちゃ楽しかったです。

 

28,29日なうぇすと@マリンメッセ福岡(2)

博多駅に着いてすぐ食べたモツ鍋がめちゃくちゃ美味しかった…わたしはモツ鍋を食べるために福岡まで遠征したのだ…。水炊きは食べられなかったけどラーメンも2日間で2杯食べたから満足満足。

公演自体の思い出は2日とも似たような席で、リチャも1回しか来ないし淳太くんも他のブロックと比べたら全然来ないようなスタンドだったから言ってしまえばその1回に命をかけてたくらいなんだけど、あっ!リチャ来た♡って瞬間に淳太くんが反対から歩いてきて、結局両方の団扇を下げました。浮気がバレることを恐れてたんですよね(?)

 

2月

15,16日なうぇすと@名古屋ガイシ(2)

この辺りからなうぇすとに入る目的が淳太くんからリチャにちょっとずつ変わり始めていた気がします。とはいえ後ろの方のお席だったので全体を俯瞰。ガイシって傾斜が急だから外周めちゃくちゃ見にくいね。

焼き鳥が美味しかったな〜!全然トリキと違った。トリキも美味しいしめっちゃ好きだけど!仲良しの淳弥担、照史担、濱田担と行きました♡ひつまぶしもちゃんと食べたよ!

 

19日京都マラソン

京都マラソンだよ!!!!!!

いつ発表されたんだっけ、全然覚えてない。でもこれは行かねばならぬ。だってわたしは草間の女だから。決まってすぐは一緒に行くよ〜って言ってくれてたお友達が直前に軒並み行けなくなっちゃって、そりゃまあ該当担以外は行かないよな〜なんてしゃべってました。

そんなわけで今江担のお友達と行くことに。京都在住のお友達からの助言や過去の経験を活かして3ヶ所+ゴール地点で待ったのかな。大阪マラソンよりも小規模だったからか、オタクどころか人も居ないようなところがいくつもあって、至近距離で応援できたのは良かったなあ。遠くから姿が見えてるときは「がんばれ〜!ファイト〜!」って言えるのに目の前に来て、目が合った瞬間「アァァァアァア!?!?」って叫んじゃうからボランティアスタッフさんに温かい視線のファンサも頂きました。大阪マラソンもそうだったけど、マラソン大会を一緒に乗り越えるとオタクとの仲って深まるよね…。

 

3月

4,5,12,18,21,24,25日春松竹(8)

京都マラソンの特番でリハの映像が流れてて、盛大なネタバレを食らった春松竹2017。探しても探しても溝口くん(当時は推し)が見当たらなくて、いやでもたまたま映ってなかっただけかもしれないと言い聞かせて入った初日、もちろん溝口くんは居ませんでした。初日が終わってすぐに溝口くんが居ないならもう減らそう!と何枚かお友達に譲ったはずなのに、結局まあまあ入ってる。強いて言うならコントガチャと、Kicyuのせいかな…あと猫中毒。まさかどさんに抱いたことのない感情を抱いた猫中毒。途中から猫中毒中毒みたいになってたな…。コントガチャはやっぱりはれちゃんの幼稚園児が見たいな〜と思ってたんだけど、見れなくて残念。まとくんのJKとRhenの幼稚園児はめちゃくちゃ面白かった。「お姉さんお姉さん!居酒屋どうすか!ホストどうすか!」って言うキャッチのRhen(幼稚園児)面白すぎるやろ…

 

19日なうぇすと@静岡エコパ(2) 

 ツアーの申し込み時は宮城、静岡、北海道は行かないと決めていたはずが、色々あって春松竹が始まる前の段階で手配してました。だってお友達が交換してくれるって言うから……。

18日は春松竹に入っていたのでツアバと松竹組に分かれていることに気づき、KicyuとWater dropのカットは悲しかったので次そうなるときはもうちょっとなんとかしてください。りちゃぴは松竹組だったので静岡では最初から最後まで淳太くんを見てたよ!24コンの追加公演でも関ジュが居ないおかげで淳太くんのことをロックオンし続けられたし、本当に邪念だらけの淳太担生活後半だったような気がするな…。ちなみに横アリからここまで淳太くんからファンサされることはなかったのに静岡で初めて高貴なお手振りを頂いたので、やっぱり一途に見つめ続けるファンにしかお慈悲はくださらないんだなって確信した。

 

28,29日なうぇすと@城ホ(3)

わらわらバックでおみぞ居るかなと思ってたらそもそもわらわらバックが居なかったなうぇすと大阪公演!!

28日のお昼間はお笑いのライブを見に行って、その後梅田でお友達とお茶をしてからなうぇすと、という予定を立てていて。そろそろ開場時間だし行こうか〜としてたらたまたま松竹終わりでなうぇすと見学に向かうおちびちゃん御一行と遭遇したんですよ。いくらおちびちゃんたちでも一気に遭遇すると軽めのパニック起こすのね。改札のど真ん中で立ち往生しちゃったわ。

ちなみに29日の公演後に淳太担卒業を決意。詳しくはこの記事に書いてます!なうぇすとは相変わらず凄く楽しいコンサートで、淳太くんもパーフェクトに素敵だったのにあっさり担当辞めちゃうんだからオタクって不思議だよな〜。

 

31日セクゾ@城ホ

 わらわらバックでおみぞ居るかなと思って申し込んだんだけどそもそもわらわらバックが居なかった(2回目)

メインステージ横のスタンド最前っていう凄くハッピーな席だったこともあって自分で入りました。森継がめちゃくちゃよかった。バクステからメンステまでアリーナ(地面)を全力疾走する森継亮太さんをわたしは忘れない。あとお友達が好きな本髙くんのことも意識的に見てたけどやっぱりお顔が綺麗だったな〜。

 

4月

1日セクゾ@城ホ

情弱オタクで幕が開かないと誰がどこについてるか分からないからとりあえず31日と1日で3公演持ってたんですよね。1日の昼は高校からのお友達と約束していたので一緒に入って、夜はセクゾ担の方にお譲りしました。行かないと決めた公演に限っておみぞが見学に来るっていう、おせむあるある。いろんなお友達がおみぞの見学レポ流してくれて嬉しかったです。見学アイドルのおみぞ。

 

9日なうぇすと@北海道きたえーる

2月に行きたい!と思い立ってすぐに飛行機手配してたんだけど1公演しかないし…と思いながらダメ元でチケツイしたら、お友達が誘ってくれました。本当に周りに恵まれている…!!わたしもそうなりたい!!元々淳太担、流星担として知り合ったはずなのに北海道公演の頃には溝口担と西畑担になってたからどちらの担当も不在なコンサートだったけどめちゃくちゃ楽しかった。これがねえ、超〜〜〜〜楽しかった!!今回手持ちが少なくてほとんど誰かと連番してなかったから、お友達と一緒に入る楽しさを噛み締めた…。

りちゃぴが目の前でパリピポアンセムしてるからもうこれ運命だよ〜><って騒いでたら淳太くんが現れてリフターに乗り込んだときのわたしの真似します。「えっ!?淳太くん!?待って!?見ないで!?○ちゃんお願いこれ(中間団扇)持って!!!」びっくりするほどバタバタした。たのしい。ダブルアンコのバンバンッ!は今までで一番(当社比)くらいのバンバンッ!で、いや…ほんと…楽しかったです…

 

16日大運動会@東京ドーム

当たらないだろ〜と思いながら申し込んだら当たったから行きました。真鳥担と。「まとくんが見える…」って言うから「そうだね〜居るね〜」って言いながら遊んでたよ。5時間くらい一緒に居たからいろんな話ができたのもよかった。ジャニオタはジャニオタとおしゃべりするのだいすき。もちろんこの真鳥担は元淳太担なのでめちゃくちゃ甘やかしながら応援してました。

東京ドームに行ったのはカウコン以来2度目だったので、私の中での東京ドームはジャニーズ事務所の神殿みたいな認識です。行けば大量のジャニーズが見れる。

野球始まったらお店全部閉まっちゃってて残念だった…サーティワン食べたかったのに〜!次はリベンジするぞ〜!

 

5月

3日Jr.祭り@城ホ(3)

\2017年初めての溝口くんのいる現場/

まさか出ると思ってなくて申し込みすらしてなかった過去の自分をめちゃくちゃ恨みました。譲りますのチケツイを見る度に1200文字近いDMを送りつけていたのでその節はご迷惑をおかけしました…

大西担の妹がJKパワーを駆使して1部のチケットを取ってくれていたので、おせむシスターズで連番。いそいそとおみぞの団扇を出したものの、居なかったらどうしよう…という思いからリチャ団扇も準備していざ開演。逆にセッティングしたリチャ団扇は一切使わなかったんですけど。縦花に見覚えのある高身長を見つけた瞬間語彙力と知能を失い、アァ…いる…アァ…とうわ言のように繰り返すおせむ。久しぶりに見た溝口くんは前よりずっとかっこよくなっていました。やっぱりJr.祭りといえばトラジャの山手線!!美勇人くんと一緒に電車ごっこをして「あれっ、きみ俺よりデカくない!?」なんて言われる溝口くんを見られるって、ハッピーでラッキーでユーやなあ!!!!!

そんな溝口くんとの話を美勇人くんは雑誌でもしてくれたし、美勇人くんにちゃんとお中元送らなきゃ。

SHOW&SHOWを踊っている溝口くんを見られたのも、本当に嬉しかったです。この公演のためだけに振りを入れたんだろうなあ、でも全然ぎこちなくないなあ。たくさん練習したんだろうなあ。憶測でしか言うことは出来ないけど、今でも脳内で溝口くんが踊りだすからこの瞬間は永遠だ………!!

 

6,7日なうぇすと@広島グリアリ(2)

上半期最後の現場だよ〜!!1月から続いたなうぇすともオーラスです!!

6日が誕生日だったので、日程が出た段階から広島は絶対に行くぞ!と決めていました。誕生日当日にコンサートに行けるなんて幸せだな〜と思いながら、強欲なわたしは団扇の作成を決意。もちろんアレです、今日誕生日団扇。りちゃぴに見せれたのは6日じゃなくて7日なんですけどね!ジャニオタの誕生日は前後一週間有効なので全然問題ないです。最初の目標通り大好きなりちゃぴがお誕生日をかっこよくお祝いしてくれたので広島まで行って良かったなあと思いました。現金なヤツだ、わたしは。

色々あって広島遠征はひとりぼっちになりそうだったんだけど、いつもの真鳥担が持ち前のガッツで広島も来てくれたおかげで観光も楽しむことができました。ラキセでは食べられなかった牡蠣おこも生牡蠣も揚げもみじ饅頭も食べられたよ〜!!しかも原爆ドームで平和に祈りを捧げてからコンサートに行ったんですよね。いやもう本当、リチャくん♡みたいな団扇持ててるのは今この国が平和だからだもん。わたしよく性癖の都合で推しを出兵させたがるんだけど、やっぱり出兵はさせるもんじゃないなと思った。

 

以上!わたしの2017年上半期の思い出話でした。いろんな人にたくさんお世話になりました。下半期、わたしもたくさんの愛を何かしらの形で返せるようにがんばるぞ〜!!まずは徳を積まなきゃ!!

 

ちなみに下半期の現場始めはえび大阪です!あっ、違う、エイト大阪だ!

 

 

わたし、溝口大輝担です

担降りブログって普段はあまり読まないか読んでもサラッと読み流す程度で、なんでそんなことわざわざ長文でブログにする必要あるんだろうと思ってたし、まさか私が書くことになるなんて想像すらしてなかったんですけど、やっぱり担降りすると書きたくなるもんなんですね。もうこれはジャニオタとしての本能なのかもしれない。

お察しの通りわたし、4月頭に担降りしました。エイプリルフールは終わってたよ。

 

私の担当は関西Jr.の溝口大輝くんです。

 
f:id:jwtt:20170409075649j:image

持っている中で1番盛れている溝口くんです。カッコいいでしょ。

モデル体型のキャッチコピー通り、身長は182cm,股下111cm。大抵の幼児は溝口くんが開いた足の間を屈むことなく通り抜けられるよ。

 

そんな溝口くんは身長詐称が横行する関ジュの中で珍しい高身長だけじゃなくて、他にも少しイレギュラー。

 

まいジャニにすら出たことなかったのに体育会TV選抜に選ばれて、地上波ゴールデンでテレビ出演したり、フレジュとしての掲載以降、Jr.には定評のある信頼と実績のwink upにほとんど載っていないのに、アイドル誌売上ナンバーワン!のMyojoにソロで登場したり。

あとこれ、あんまり大きな声で言いたくないけど去年の冬から松竹座には出てない。

 

そんな溝口くんを初めて認識したのは、それこそフレジュとして載ったアイドル雑誌。淳太くんの前に応援していた人によく似た男の子が居るな、と気にかけたのが推しの始まり。

溝口くんは背が高いから、上手の1番端っこ、あまり照明の当たらない立ち位置が多かった。席によったら見切れちゃうくらいの場所で、溝口くんは長い手足をぎこちなく動かして一生懸命踊っていた。好き。

 

そんな暗い場所にばかり居るもんだから、双眼鏡を新調した時に選んだ基準は明るさだった。その頃まだ全然淳太担だったけど。

 

一時期防振のダイレクトマーケティングブログをよく見かけて、まんまとそれに惹かれた私も防振を買おうかとしたけれど、明るさがネックだと知って結局Vixenの口径がめちゃくちゃデカい普通の双眼鏡を選んだ。暗転してても見えるくらい明るくて、大満足。重さ以外は(確か800gくらいある。Tボーンステーキかよ)。

 

少しずつ、溝口くんの立ち位置が上がっていたような気がした。多少暗い双眼鏡でもはっきり視認出来るくらいのところに。

 

でもなぜか、2016年冬の松竹座。初日の幕が上がった時、ステージに溝口くんは居なかった。待てど暮せど、結局最後まで溝口くんは出てこなかった。学校があるのかもしれない、体調が悪かったのかもしれない、明日は居るかもしれない。明日こそ、明日こそは。そう願いながら毎日流れてくるレポを見ていたある日、溝口くんが松竹座に現れた。2階、最前列。見学席に。

 

自分が出ていない、出られないステージを腐ることなくしっかりと見学する溝口くんは今、私の誇りだ。溝口くんってめちゃくちゃカッコいい。

 

溝口くん真面目で良い子でしょ!わたしの息子です!なんて言いながら年末年始を過ごして、少しだけ、もしかしたら高校生になったことだし溝口くんがバックに居るかもしれないと淡い期待を抱きながらWESTのツアー初日に淳太担として参加して、勝手に期待しといて、案の定溝口くんは居なくて落ち込んだ。そこから福岡公演が終わるまではまあまあ荒ぶったけど、根が関西DDなもんで、今は今回のツアーバック最強だよな〜とか思ってるからチョロい。

 

春松竹では会えるだろうから、ツアーについていなくたって…と自分を納得させていたのに、事態が変わったのは今江くんとリチャのマラソン特番で松竹のリハ映像が流れたから。探しても探しても溝口くんは映らない。春も居ないかもしれないと思いながら入った初日。やっぱり居なかった。何公演か既にチケットを用意していたけれど、推しの溝口くんが居ないなら手放そうと思ったし、実際いくつかお友達に譲ることにした。譲ることにしたんだけど、その頃私はリチャにめろめろぴっぴだったから結局譲ったくせに何回かチケツイを流して、増やしてた。ちょっとこの辺は自分でもよく分かんない。

 

せっかくだからリチャにめろめろぴっぴだった話もします。

 

去年の秋にリチャと2人で居酒屋に行く夢を見てから勝手に妄想拗らせて、リチャードの女になりました。現場でたまたま知り合ったフォロワーさんのフォロワーさんに名前を名乗っただけで「あっ、リチャの女の…」と言われたこともあるのでもうなんか、公認です。 

 

ツアーには淳太くんの団扇とリチャの団扇の両方を持っていって、淳太くんが向こうの外周でファンサしているのを確認してからリチャに団扇を見せて、その逆も然り。

1回リチャと淳太くんが目の前ですれ違ったときは、半泣きになりながら両方の団扇を下げたよ。TAMER様の従順な淳太担として調教されてきたからリチャにしゃしゃるところは見られたくなかったし、リチャの女だから淳太くんにアピールしてるところも見られたくなかったの…自分でも言っててイタいのは気付いてるけどそのときはそれで頭がいっぱいだったし必死だった。

 

淳太くんは見られるだけで幸せで、ファンサなんてされなくても不満なんて一切ない。自慢の担当だった。キラキラしてて、もう大人なのにいつも全力で、アイドルとしてクリーンなところも大好きだ。

 

私が淳太担になったとき、もし淳太くんに熱愛報道が出たら降りると決めていた。これは彼女が欲しいアピールは激しいくせにいつだってビジネス童貞を貫いてくれている淳太くんへの信頼みたいなもので、言ってしまえば淳太くんが最後の担当になると思っていた。

 

それなのになぜか、現場がないから3ヶ月くらい見てもいないのに、溝口くんの担当を名乗ることに腹を括ってしまった。

 

Twitterを始めてから、仲良くしてもらったフォロワーさんは同担の人が多かった。同じスタンスで淳太くんを愛して、応援していたから、ツイートをすることで更に淳太くんを好きになっていた気がする。まだまだ新規の私だけど、淳太担になってから、冷め期なんてものを感じたことはなかった。淳太くんも好きだし、みんなで淳太くんを応援できる環境も好きだった。

 

でも、去年の終わりから今年の春にかけて、周りが続々とJr.に降りていった。掛け持ちする人も増えていたし、TLでは担当ってなんだろうなんて話題がちらほら上がるようになった。私は淳太担を名乗っていながら推しがいっぱい居たから、担当は自分の手を引いてくれる存在で、推しは自分が背中を押したくなる存在だと定義していた。それが淳太くんと溝口くんの、私の中での違いだった。いつか、背中を押していたはずの推しくんが、担当に引かれていた手を掻っ攫っていくことが担降りだと思っていた。

 

新しい担当のレポをツイートして、たくさんRTされろ〜!○○くん見つかれ〜!と念じる友人の姿に、少しだけ自分の中の定義が揺らいだ。私は淳太くんに対して、そんな感情を抱いたことがなかった。私が何かしなくても、淳太くんはいつだって完璧で、私の手を引いてくれた。自分の担当観と彼女の担当観が違っていただけだと考えられたら良かったのだけど、どうもそれが出来なかったらしい。私もそれくらい、好きなアイドルの運命に乗っかりたくなった。

 

そうこうしてる内に溝口くんの居ない春松竹は千秋楽を迎えて、ツアーの大阪公演が始まった。せっかくの大阪公演だからツアーバック以外にもわらわら関ジュが居るもんだと勝手に思っていたから、いつもなら2本の団扇も3本持って出かけた。まあ、ツアーバック以外の関ジュは見学席に居たんだけど。

もし溝口くんが居たら、一体誰を見ればいいんだろう!なんて思っていたけど、いつも通り淳太くんとリチャを見て、めちゃくちゃ楽しい3公演だった。淳太くん大好き。りちゃぴ大好き。それなのに、その日の晩に担当制度を放棄して、淳太くんもリチャも、もちろん溝口くんも、同じくらい応援することを決定。

 


報告したがるオタクのツイートです。

淳太くんを見ていたはずなのに、リチャを見ていたはずなのに、最上手の照明があまり当たらない場所に溝口くんを探していたのかもしれません。

このツイートの通り、同じようなことを考えながらセクゾのコンサートにも行ったけどやっぱり溝口くんは居なくて(溝口くんどころか関ジュは誰もついてなかったけど)、担当不在の日々が続きます。

私の入らなかったセクゾの公演で溝口くんが見学に来ていたというレポを見かけて、やっぱり溝口くんはえらいぞ〜!最高!カッコいい!なんて思っていた時に、ふと気付きました。

 

溝口くんが復帰したら溝口担になるって決めている時点でもうそれ溝口担なんじゃない…???

 

うん、私もそう思う。

 

きっと溝口くんが普通にクリパも春松竹にも出ていたらこんなに溝口くんのことを考えたりしなかっただろうし、今でも溝口くんは推しで担当は淳太くん!と言っていたように思います。

 

でもやっぱりそれってタラレバで、結局はタイミングなんだよなあ。

 

Jr.祭りで会えるといいな。これからよろしくね、溝口くん。

無限大に愛を込めて

女生徒A「厳しい寒さに手先を凍らせる〜!」

全員「1月〜!」

わたし「1月12日、私は〜!」

全員「卒業しました〜!(卒業証書を掲げる)」


ヲタ卒?いやいや、まだしません。
担降り?それなら高校生の頃に済ませました。安田くんから、淳太くんに。

強いて言うならそんな元担である安田くんから、関ジャニ∞から、分かりやすく言えば関ジャニ∞ファンクラブからの卒業です。

「担降りと卒業、何が違うねん」と思う方も居るかもしれないんですけど、一口に担降りと言っても色々なタイプがあると思うんです。綺麗さっぱりグッズも気持ちも処分するタイプ、大切な思い出として胸にそっとしまっておくタイプ、神担として崇めていくタイプ、その他諸々。そんな中でも私は担降りしたにもかかわらず、ファンクラブを更新し続けるタイプの担降りでした。

「エイトのライブ楽しいしぃ〜年イチペースで行くのは辞めたくなぁ〜い♡」そんな気持ちで払い続けた年会費。ここ数年はなぜか、センター試験の日と大阪公演の日を被せてくるおかげで行くことができなかった年もありましたが、各ツアー1公演はお邪魔させてもらっていました。リサイタルも楽しかったです。

『担当ではないけれどコンサートは楽しいから行く』を続けていたのですが、ちょうど来月でファンクラブの更新期限が来ます。1月12日の京セラ公演を区切りに、自分の気持ちを精算してみたくなりました。


私が小学生の頃、初めて好きになったジャニーズは関ジャニ∞でした。当時は空前の嵐フィーバーが学校中で起こっていて、関ジャニ∞が好きだと言うと物凄い勢いでなぜ嵐じゃないんだと糾弾されてしまうので、隠れキリシタンのような日々を過ごしていました。

中学生になってから、お小遣いで入会したファンクラブ。初めてのコンサートは妹と両親と、家族4人で行きました。当時はまだ男性が今より少なかったので、アリーナに居た背の高い父に会釈した錦戸くんのことは忘れません。高校受験の年は、塾の特別特訓を年末のライブのために早退して、いつも通り家族全員で京セラへ馳せ参じました。

そんな娘も今では立派な、4連でチケット取ったら3枚は交換に回すようなヲタクです。


高校生活が忙しくても、ジャニ勉を見れば元気が出ました。曲を聴けば、勉強だって頑張れました。

でもなぜか、少しずつ、私が見たいものをエイトが見せてくれないようになってしまった気がして。少し前に"変わってしまったアイドル"についてのブログが流行っていたかと思うんですけど、似たような感情を抱いてしまったんですよね。

そうしているうちに、もっと応援したい、熱量を注ぎたいと思える人が現れて、担降りなるものを決意しました。

去年のクリスマス、京セラドームで行われたジャニーズWESTのコンサートに行きました。そうです、担降り先です。たまたま初日に入った座席が、エイトの初単独カウコンの時に入ったのと似たような場所だったので、勝手になんだか懐かしい気持ちになっていました。それこそ、7年ぶりに関ジュが京セラで歌うBIG GAMEとか。私の初日は自担と推しの立ち位置をメモるのに必死で、そこまで感慨に耽る暇もなかったけど。

そしてそんなクリスマスの次の日、SpritsのDVDを見たんです。久しぶりに。

会場は京セラじゃなくて城ホール。お客さんも45000人じゃなくて12000人。環境は今と全く違うのに、私が好きだった頃とも、今とも、何一つ変わっていない関ジャニ∞がそこに居ました。

ただ私の見たいものが変わっただけで、エイトは何も変わっていなかったんだなあ。いつだって彼らは、最高で最強な関ジャニ∞で居てくれてたんだ。

安田担から降りることを決めて3年、ようやく気付きました。まあこれは、勝手なヲタクの憶測でしかないんですけど。


さて、ここからはよくある担降りブログみたいなことを書きます。


あの日、歌番組を見ていなかったら。

きっと今、こうしてブログに文字をしたためることもなかったでしょう。

行かなかった場所、出会わなかった人もたくさん居たことでしょう。

私は本当に面倒くさがりで、陰か陽なら陰のタイプのブスなんですけど、ジャニーズを好きになったからこそそれなりに、ちゃんとするようになりました。今でもすっぴんにマスクで学校には行ってるけど。

見つかってくれて、本当にありがとう。


最後に、私が作った卒業証書(という名のメッセージカンペ団扇)の写真でお別れです。


f:id:jwtt:20170113003011j:image

写り込んでいるのは実家のカーペットです。


以上、ファンクラブをもう更新しないと決めた話を長々と書き連ねたブログでした〜!



教頭先生「一同、起立!」

教頭先生「卒業生が退場します」

女生徒B「もしまたチケットが手に入ったり、誘われたりしたら、エイトのコンサートに行く?」

わたし「多分行く」

【今更】大阪LOVERは関西担のテーマソングなのか

DREAMS COME TRUEの『大阪LOVER』は、言わずと知れた名曲である。

東京に住んでいる主人公と大阪に住んでいる大阪人の恋人との遠距離恋愛を描いている。Aメロの"最終に間に合ったよ 0時ちょい前にそっちに着くよ"のフレーズの通りに、東京発新大阪行ののぞみに乗って彼女は大阪へやって来るのだ。*1

"御堂筋"や"通天閣"、"太陽の塔"などの固有名詞を多く使用した、リアルな歌詞は多くの女性の共感を呼んだ。

もちろんそれは、ジャニヲタとて例外ではない。

私は元々関ジャニ∞が好きで、コンサートでバックについていたことをきっかけに関西ジャニーズJr.に興味を持ち、最終的にジャニーズWESTへ担降りをキメた純粋培養の関西担である。中学、高校の青春時代は松竹座と共にあった。し、今も尚その青春は続いている。高校生の頃に始めたTwitterも、同じ"関西担"たちと一緒に毎日楽しくやっている。

同じ人、同じグループを応援していても、住んでる場所が違うとツイートの内容も変わってくる。大阪に住む人が「今日は暖かい」と呟いたすぐ下で「雪が積もった」と道民が呟いている。

そう、住む場所が違えば全く違うのだ。

例えば松竹座で公演があり、「今起きた。今日は松竹座〜!」と関西在住の関西担がツイートした時、すでに関東在住の関西担は大阪LOVERを聞きながら新幹線に乗っている。御堂筋線に乗って関西在住の関西担が家に帰っている時、関東在住の関西担は大阪LOVERを聞きながら夜行バスに乗っている。

大阪LOVERを聞いているし、「近そうでまだ遠い大阪」と呟いている。

ジャニヲタ、特に関西担は大阪LOVERが好きで、またその歌詞に共感するのだ。

大阪LOVERは関西担にとってのテーマソングといっても過言ではないだろう。

ではここで、仲良しのフォロワーさんが以前に書かれた大阪LOVERについてのブログをお読みください。

上記ブログの冒頭には、こう書かれている。

大阪LOVERというドリカムの名曲がある。関東在住の関西担ならば一度はこの歌に自担と自分を当てはめ考えたことがあるのではないか、と個人的に思っている。

(よわい犬ほどよく吠える・『ジャニヲタ目線の「大阪LOVER」の話』より引用)


関東在住の関西担ならば、大阪LOVERに自担と自分の関係を当てはめるのだ。関東在住と言わずとも、関西(大阪)以外に住んでいるのなら一度は考えたことがあるだろう。

つまり、長々と私が何を言いたいかというと、「関西在住の関西担にとって、大阪LOVERはテーマソングではない」ということである。

確かに大阪LOVERは名曲だ。歌詞だって可愛い。吉田美和は歌が上手いし、中村正人の笑顔も良い。しかし、私の思考はそこで止まってしまうのだ。

これは私だけなのではないか、他の関西在住の関西担は自担と大阪LOVER♡してるのではないかと考え、アンケートを取った。

f:id:jwtt:20161111120802j:image

f:id:jwtt:20161111120829j:image
1枚目は関西在住、2枚目は関西以外に在住の関西担を対象に行った。「大阪LOVERはテーマソングであるか」という問いであるため関西以外に在住の関西担の結果がほぼ半々になっているが、関西在住の関西担にとっては、大阪LOVERはテーマソングではないと言って良いだろう。

例えば、サビの"何度ここへ来てたって 大阪弁は上手くはならへんし"という歌詞。これを関西担に置き換えてみると、こうなると思う。

"何度松竹座で関ジュのコントを見たって 大阪弁は上手くはならへんし"

生まれも育ちも大阪の関西担にしてみれば「いやいや、ネイティブや」と返さざるを得ない。

"近そうでまだ遠い"松竹座も、「近くて便利」な松竹座だ。セブンイレブンか。

できれば大阪のおばちゃんとは呼ばれたくないから、ヒョウ柄は好きだけどヒョウの柄は着られない。通天閣でロケする関ジュをアイドル雑誌で見るのも好きだけど、東京タワーやスカイツリーに登る関ジュをテレビで見たい。

物理的距離が近いと、心理的距離も近いように感じてしまう。大阪弁を話せるとか、家から松竹座までが近いとか、ユニバの念パスを持っているとか、彼らとの共通点なんてそれくらいなのにずっと近い存在に感じてしまう。だから、遠距離恋愛を描いた大阪LOVERでは物足りないのだ。

"毎週は会えないから 喧嘩だけは避けたい"というか、毎日会おうと思えば会えるけどそういう訳にはいかないから自担や推しに干されるのは出来れば避けたいな〜ぐらいの距離感で居るつもりだから、もう少し近い感情を描いた曲じゃないとテーマソングとは呼びたくない。

まあ、帝国劇場だって関ジュの居る松竹座にはかなわないんですけど。(モンペ)


*1:ちなみに新大阪行最終電車の到着時刻は23時45分。

DKとディズニーに行きたい

funky8とユニバに行くブログを読んだ。すごくよかった。

 
 
ただ私は大阪在住にも関わらず、ユニバにはスペースファンタジーザライドが出来る前に行ったきりだから、ハリーポッターどころかハリウッドドリームのバックドロップすら未経験。そんな私、☆福福大吉いおとわせー☆と☆ディズニー☆に行きたい。
 
ちなみに今年、あと3回ディズニーに行くなら年パスを買った方が得だった計算になります。クリスマスにまた行くから正味リーチだよ。大阪在住貧乏苦学生なのに。
 
☆福福大吉いおとわせー☆と言いながら☆福福せー☆しか出てこなかったらごめんな。
 
 
 
 

 ビッグサンダーマウンテンに大晴ちゃんと乗りたい

f:id:jwtt:20161009195137p:plain

やっぱりディズニー来たら三大マウンテンに乗らないわけにはいかないよね~。朝来てすぐに乗りに行って、夜エレクトリカルパレード中の空いてる時間にもう一回乗って、閉園間際にラスト!!っておかわりする。

 

両手挙げてヒョォ~~~~フォオ~~~~ってお腹の底からいっぱい叫んで、「もうwww大晴ヤバイwww」「いやお前こそwww」って笑い合いながら出口のスロープ降りたいね。

 

 

ホーンテッドマンションに宏志朗くんと乗る

f:id:jwtt:20161009195821p:plain

ナイトメアビフォアクリスマスバージョンしか乗ったことないんですけど。

 

「これ、アヒルのお墓やねんで!ヒルナンデスで見た!」「うんわたしもみたよ」

 

ナイトメアのやつだし多分怖くないよね~って言ってたのにいざ入ったら思いのほか暗い室内にちょっと怖がってくれたら最高なんですけどホラーとか平気なんですかね。イメージの話だけどゼロのキーホルダーとか持ってそうじゃない?宏志朗くん。

 

 

 トゥーンタウンでインスタ用の写真を撮る

いや私インスタやってないんですけど。DKといえばインスタグラムかなって。

womagazine.jp

こんな感じでやったら絶対楽しいと思う。10000㎏の重量挙げとか、「柊和絶対持ち上げられるやろ!!」「無理無理www」「俺なら余裕やな」「全然挙がってへんwww」みたいな会話ができるね。(上から順に大谷毛利石澤吉岡)

☆ディズニー行ってきた☆みんな面白すぎ☆ってここで撮った写真のコラージュと一緒にLINEのタイムラインに載せます。インスタやってないからね。

 

 

シンデレラ城に吉岡くんと行く

f:id:jwtt:20161009212721p:plain

吉岡くんは非常に便利な女抱き捨てキャラが似合うと勝手に思っているのでシンデレラ城に行きます。まとくんともシンデレラ城行くな〜〜〜。シンデレラ城はそんな場所じゃないぞ。
 
吉岡くん「シンデレラ城の石って上に行くほど小さくなってるねんで」
ワイ「ほんまや!ヒルナンデスで見た!」
 
もちろん女抱き捨てキャラだから一緒にワンス・アポン・ア・タイムも見る。うっとりした気分で見る。
 
そしてやっぱり女抱き捨てキャラだから2日目ディズニーシーに行ったら海底2万マイルにも乗る。2万マイルは個室タイプのアトラクションです。
 
 
 

ジャングルクルーズに晴太郎ちゃんと乗らせてほしい

f:id:jwtt:20161009214835p:plain

 

晴太郎ちゃんと一緒に乗れるならなんだっていいんだけどジャングルクルーズなら途中で暗いところ(神殿)にも入るし。凄く低めの声でシュールに笑いを誘う晴太郎ちゃんみたいなキャストさんがいらっしゃったんだけど、今も居るんだろうか。
 
乗り終わったらみんなでてりやきチキンレッグを食べます。これがめっちゃ美味しい。ターキーもあるけどてりやきチキンレッグの方がジューシーで美味しい。いいつまみです。シーならビールも飲めちゃうんだけどみんなまだ高校生だからね…。
 
 
最後は私のわがままでフィルハーマジックを横一列に並んで見ます。マジ超楽しいからおすすめ。アリエルが宝石投げるんだけど3Dだから飛んでくる飛んでくる。取れないって分かってるんだけど手を伸ばす大晴。
 
大晴「○○ちゃんに、あげようと思って…」(夢小説モード)
 
 
みんなお揃いでTシャツ着て、一緒の耳とか付けたら楽しさ☆700倍☆だよね。「俺がミッキー付けるから、○○ちゃんはミニーにしてな」とカチューシャを差し出してくるのは…
A.福井 B.福本 C.大谷 D.吉岡
E.吉野 F.毛利 G.石澤
 
選択肢の多い妄想バトン(懐かしい)を投げてお別れです!バイバーイ!

懐かしいな自己紹介バトン

流行りには全力で乗っかりたいタイプのヲタクなので、こちらからお借りしてきたバトンをやろうと思います。


懐かしいね、自己紹介バトン。バトンや前○プロフィール全盛期の頃は文字数を揃えるのに命かけてたし、専絵や専ニク*1が被ったらそれはそれは恐ろしい戦いの幕開けだったね…。今でいうところの、4連団扇所持!検索済み!パク禁!と似たようなものを感じます。時代は繰り返されるもんなんだなあ おせを


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】おせむ

【今の担当は?(複数可)】
名前:中間淳太
好きなところ:可愛い、頭が良い、お育ちが良いのに口が悪い、何事にも一生懸命なところ♡♡
担当になったきっかけ:デビュー前?に少クラで披露していたLET'S GO WEST〜KANSAI!!〜
誰よりもぴょんぴょん踊る最年長が可愛くて気が付けば目で追っていました(ジャニヲタあるある)デビュー組であることの安心感と、しばらくは女ネタ出なさそうだなっていうゲスい理由もあります。彼女欲しい彼女欲しいってよく言ってるし、ファンも応援してるけど、実際に文春なりフライデーなりされた時にどうなっちゃうかくらい頭の良い淳太くんならよく分かってるよね〜♡♡♡みたいな

推し︰大橋和也
好きなところ︰ダンスが好き。上手い人のダンスってこれなんだろうな〜と思うし見てて楽しい。あと何か食べたら美味しそう。食べたい
推し始めたきっかけ︰funkyなら大橋くんだな〜と気付けば言ってたな…

推し1︰福井宏志朗
好きなところ︰ダンスに色気がある。賢い。歌が上手くてツッコミキャラ。私がもし女子高生だったらキラキラの青春を送りたかったな的な意味でリア恋枠
推し始めたきっかけ︰気が付けば(リア)恋

推し2︰溝口大輝
好きなところ︰顔。背が高い。目ヂカラがある。顔。
推し始めたきっかけ︰入所してすぐに載っていた雑誌を見て「元担にそっくりやないか…」と興味を持つ。死んだ妻に似ている的なスタンスだったはずがカッコよくなっちゃってもう推すしかないなって…

推しはいっぱい居るけど、担当は淳太くんだけです。淳太くんの居る現場では推しくんの団扇はJr.コーナーであろうと持たないから意外と一途。

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】
小学生の頃からずっとジャニヲタ。
ズッコケ男道の宣伝で歌番組(うたばんだったかな)に出ていた関ジャニ∞を見て、安田くんにハマりました。当時私の周りでは嵐ファンがとてつもない権力を持っていたので、隠れキリシタンのごとくひっそり息を潜めていました…。

【担当遍歴】
安田くん(2007〜2014)→安田くんに並行して室龍規くん(2010〜2012春)*2→淳太くん(2014〜現在)

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】
・やすば(安田くんすばるくん)
 私にコンビ萌という概念を教えてくれた2人。当時のやすばと今のやすば、どちらも違ってどちらも良い。desire良い曲だから聞いてね

・ばっど(淳太くん照史くん)
 やっぱりここ入れておかないと始まらないよな。ばっどがばっどとして活躍していた頃、しっかり私も10人最強説とか唱えてたんだけど如何せんVの人たちが好きだったもんで記憶が薄い…過去の自分を恨みたくても恨めないからまたつらい。だからこそ、今の2人をしっかりと目に焼き付けるのです。早く2人でアメフリ→レインボー披露してくれ

・福福(福井宏志朗くん福本大晴くん)
 可愛い。かっこいい。未来が明るい。漫才時はボケ福本ツッコミ福井だけどプライベートでは逆だと聞いてから、そういう目でしか見れないんだけどどういう目だろうね。宏志朗くんの方が年上だからか、宏志朗くんは大晴呼びなのに大晴ちゃんは福井くん呼びなのも推せる

【1番心に残ってる現場】
(えっ、これ現場としてカウントしちゃダメ…??)

【初めて行った現場】
関ジャニ∞のツアー PUZZLE
今でも日にちはしっかり覚えてるよ!2009年7月30日!

【最近行った現場】
松竹座ANOTHER 8/23昼

【次行く現場】
えびSLTツアー 10/2昼

【記憶に残ってるファンサ】
エイトのコンサートにて、私の父親に向かって何度も会釈していた錦戸

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】
・青春ウォー!
 淳太くんが一生懸命踊ってて可愛い
・Summer上々!!
 宮舘くんが楽しそうに踊ってて可愛かった
・TAMER
  淳太くんが見せたいものを享受できた喜びを感じる、調教され尽くしたヲタク

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】
・TAMER/中間淳太
 サビ終盤、脚を開いてドタドタするところが凄くエッチで最高(言葉を選ばない)
 ♪エン!💢ジン!💢音が近付いてくる〜の神山くんがアクセル全開で最高
・cHocoレート/横山裕
 全体的に可愛い。最後の1つなかなか思い浮かばなくて記憶の彼方から引っ張り出してきたもんだからこれだけちょっと古いけど去年のクリパでるーたんもやってたし許してほしい

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】
・バンバンッ!!
 手を下から上に伸ばして♪そう夢を繋げる架け橋〜ウォ〜↑↑を一緒にやりたくない関西担なんて居ない

【1番好きなペンライト】
めぇコンのコテペンラ

【よく買う雑誌】
TVfanさんにはお世話になっています。めちゃかん福福ありがとう…

【この映像は見て欲しい!というオススメ】
8/21放送分のまいジャニ。石澤晴太郎くんの一発芸見てください

【ジャニヲタになる前の趣味は?】
もう小学生の頃なもんで一体どんな趣味だったかなあって感じなんですけど、お笑いが好きでした。今でも好きです

【最近気になっている子】
関西Jr.の石澤晴太郎くんです///
笑いのセンスが凄く好みで、ちょっと大正ロマンが似合いそうなところが超最高

【最後に一言!】
バトンは回さないでおきます!勝手にアンカーになっちゃってごめんなさい!やりたい人やってください!(テンプレ文)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

凄く楽しかったので、今から他の人の #じゃにおたバトン も見てきます。

*1:やまだりょりょぴっぴ🍓みたいなやつ

*2:退所とともに担戻り

ジャニヲタがヅカデビューした話

 先日、初めて宝塚大劇場に足を踏み入れた。観劇した演目は星組の『ガイズ&ドールズ』

 ジャニヲタたるもの、一度は経験しておかねばならないものであろう宝塚。大学受験のときには勉強に嫌気が差して「なぜ私にバレエとダンスを習わせなかったんだ!そうしていれば今頃宝塚に居たかもしれないのに!」と両親に詰め寄ったこともある。過去にやらなかったことを悔いても仕方ないと思いながら、どうしても言っておきたかったのだろう。

 それほどまでに宝塚に入りたいと言っておきながら、実は今まで一度も宝塚の舞台を見たことがなかった。言ってしまえば、天海祐希さんや真矢みきさんといった元タカラジェンヌの女優さんが好きだからで、宝塚に入りたい理由もそれだけだった。そんなヤツが入れるわけないだろう宝塚。

 そんな私が生まれて初めてタカラヅカを見ました。



 
 ここまで書いたのが2015年9月の話。下書きにしまいこんだまま、約5ヵ月が経ってしまいました。なぜ今このタイミングで書きかけの記事を引っ張り出してきたかというと
2度目の観劇をしたからです。

 『初めての宝塚』は記事として完成させることができなかったので、2度目を経験した今だからこそ書けるブログを書こうと思います。1度目のことを思い出したりしながら。

宝塚版『るろうに剣心

 私が2度目の観劇に選んだのは雪組るろうに剣心』でした。なぜこれを選んだかというと、フォロワーさんにお誘い頂いたからです…ほんと、それだけ…。るろうに剣心は原作の漫画どころか佐藤健主演の映画ですら見たことがありません。藤原竜也が包帯っぽいものでぐるぐる巻きになった役をやっていたことは知っている程度の知識でした。
 また、初宝塚にガイズを選んだ理由は以前に内博貴くんが同じ舞台をやっていたからです。ちなみにその舞台を見に行ったことがあったわけではありません。「そういえば内くんがやってたよなあ、ガイズ」という気持ちだけでチケットを用意しました。宝塚に行ってみようと思い立ったときに、全く知らない題材のものではなくタイトルだけでも聞いたことのある作品が上演されていたことが私の宝塚デビューを後押ししてくれたように感じます。ありがとう内くん。ありがとうニッキ。*1

 さて、そんな予備知識ほぼゼロの状態で臨んだるろ剣でしたが、話自体が凄く面白かったので最後まで難なく(?)楽しむことができました。殺陣もダイナミックだし、音楽は生演奏だし、映像の使い方も美しい!そしてなにより、斎藤一役の彩風咲奈さんがかっこいい!!!紺色の警官の制服に身を包み、煙草をくわえて佇む彩風さんの姿に私のでかい双眼鏡*2は釘付けでした。立ち姿もかっこいいけど片眉を上げた表情がかっこいいんだ…。

幕間の過ごし方

 ジャニーズの舞台では無いことも多いですが、宝塚の場合は1幕と2幕の間に30分間の幕間休憩があります。私はお手洗いを済ませた後、壁の少し高い位置に校長先生のごとく並べられたタカラジェンヌの写真を眺めていました。役柄の衣装姿で撮られた写真の下にはお名前が書かれているので、あの人は誰だ!となったときに簡単に確認できるんです。彩風さんのこともこのタイミングで顔と名前を一致させました。パンフレットを買えばそんな必要がないことはわかっているんですけど如何せん、ジャニヲタ宝塚来てみたってよ程度のスタンスだったのでお許しください…。

 ガイズを観劇した時も同じように幕間を過ごしました。その時にアッこの人素敵!となったのは七海ひろきさん。黒字に白のチェック柄のスーツにハットを被り、すらっと歌う姿がとても華やかでした。

娘役の歌声

 男役の方のかっこいい歌唱シーンはもちろん最高だったんですけど、個人的に興奮したのはご飯屋さんで娘役のジェンヌさんが大勢で歌うシーンでした。高めの可愛らしい歌声でクルクルひらひら踊る群舞、めっちゃカワイイ。ガイズの時にも似たような場面があったから、これはどんな公演でも見られるのかなあ…。フィナーレのラインダンスでのハイッハイッという掛け声にもキュンとしました。男らしさだけじゃなくて、女らしさや少女らしさもどっぷり楽しめちゃう宝塚。素敵。

おわりに

 終演後、次回公演のポスターを見つけた私は公演スケジュールと自分のスケジュールを照らし合わせていました。星組公演『こうもり/THE ENTERTAINER!』初めての2本モノなので凄く楽しみです。わくわく。
 
 1度目の観劇の目的は宝塚を知ること、2度目は楽しむことでした。こうなれば3度目はハマるしかないのかもしれません。
 

*1:錦織一清も出てた

*2:ビクセンのアスコットという野鳥観察に適した双眼鏡で、明るさの代償に重さが900gもある