読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんな時どうする?〜ジャニショで外国人に話しかけられた場合

 12月9日。その日はジャニーズWESTの新写真が発売される日だった。午後にMORSEの観劇を控えていた私は、午前中の授業を終えたその足で梅田に向かっていた。

 大阪のジャニーズショップ、通称ジャニショは今年の春に心斎橋から梅田に移転している。ここに来るのは3回目くらいだったと思う。初めて訪れたときは思っていたよりもHEPを越えたところにあったせいか、軽く30分は迷っていた気がする。しかし3回目にもなれば慣れたものである。フラゲしていたジャニーズWESTのアルバム「ラッキィィィィィィィ7」*1を聴きながら店内に入り、流れるように購入表に1を記入していった。

 今回発売されたのはラッキィィィィィィィ7のPVとジャケットのオフショットであるが、濱田さんのイケイケお兄さん感と流星くんのキュルルン天使具合がいつにも増して増し増しだから是非ともチェックしてほしい。

 ちなみに、私の前で写真を見ていた女子高生が「お年玉もらったらまた買いに行こう」なんて会話をしていたので、私もお年玉が欲しくなった。

 そんなことを考えながら写真の選択を終え、合計枚数を記入してさあレジに行こうとした時だった。

 Excuse me...

 アジア系のお姉さんが私を呼び止めた。英語で。アジア系のお姉さんが。

 他店舗に行ったことはないので分からないが、梅田店は写真が貼られたボードが並べられていて、細い通路が沢山ある。この通路に私とお姉さん以外のヲタクは居ない。

 Ah〜...Yes?

 意を決してカタコト英語で返事してみせた。何を隠そう、私は現役女子大生である。センター試験でも二次試験でも英語は必要だったし、大学でも週に3回外国人による全て英語で行われるタイプの英語の授業がある。この勝負、勝ってみせる……!

 TOEICでも受けてるのだろうかというくらい真剣に聞き取っていると、どうやら購入表に記入するところまでは文字を読まずとも理解できたがその先が分からないようだった。日本語が読めない、この欄には何を書けばいいんだ。それっぽいことを言ってお姉さんが指差したのは、グループ名記入欄。

 What artist do you like....?

 恐る恐る尋ねてみたものの、お姉さんはキョトン顔。私はどうして通じないんだと焦りながら、英語っぽいイントネーションでグループ名を羅列する。アー…スマァップ、ブイスィーックス、アラァシ…?私の英語を汲み取ってくれたらしいお姉さんは、嵐が好きなのだと答えてくれた。

 You should write ARASHI...This!!
 
 文法がどうとか、前置詞がどうとか考えてられない。グループ名記入欄をぐるぐる指差しながらここに嵐と書けば良いのだと伝わればいいんだ。オーケー、と納得してくれたお姉さんはサラサラと「嵐」書き込んだ。あっ、漢字で書けるんですね…スゲー……。

 次はどうすれば良いんだと聞かれたので、購入票を覗けば合計枚数記入欄が空白。別に書かなくても支障は無い気がするが、書かずに提出すると「次からは合計枚数の記入お願いしまーす」と言われてしまうので私は書くようにしている。レジの混雑緩和に繋がればいいし。

 How many photos will you buy ? and…write !

 分かっている。こんな英語を自由英作の欄に書いたら一瞬でバツだ。しかし、咄嗟に聞かれて思いつく私の英語なんてこの程度だ。接続詞なんて知ったこっちゃない。お姉さんはOK, total...みたいなことを言いながら枚数を記入していたからちゃんと通じているしセーフセーフ。
 
 さあ、ここまで来たらレジに行くだけ。そこの階段を降りて店員さんにその紙を渡せば写真は手に入るよ!そう言いたいのに言葉が出てこない。まず階段。階段が出てこない。次に下の階。ちなみにグループ名記入欄の説明をするときに好きなアーティストを聞いてしまったのは、グループという単語が思い浮かばなかったせいである。

 (階段を指差しながら)That step, go! There are many clark. Give this paper to clark!!

 階段といえばstairsだけど、stepを複数形にすれば階段という意味も有るらしい。いや、問題はそこじゃない。「あの階段、行って!たくさんの店員が居るよ!この紙あげて!」…カタコトにも程がある。

 お姉さんは、下の階に行けばいいのねと聞き返してくれた。いや、そこまでちゃんと聞き取れたわけではないが、アンダーフロアと言っていたから多分似たようなことを言っていたはずだ。ちなみに下の階がアンダーフロアだということはこのタイミングで気付いた。

 センキューセンキューと言いながらお姉さんは階段を降り…ずに戻ってきた。

 ここからが難関。戻ってきたお姉さんが何言ってんのかもうよく分からなかった。ただ、ビッグとスモールという単語が聞こえる。

 分かった!写真の大きさだ…!!!

 なぜかジャニショは、嵐の写真だけ他のグループの写真よりも大きいサイズのサンプルが壁に貼られている。いや、他のグループが小さいだけで実際手に入るのは嵐の写真と同じ大きさなのだけれど。

 それにしても、なんで嵐だけ大きいんだろうね。私が小学生の頃に行った時は嵐も関ジャニ∞も同じ大きさのサンプルだった気がする。

 You can get big photo!

 中学生に英語を教えるバイトをしているが、普段生徒が名詞に冠詞を付け忘れると私はバッチバチにキレている。そんな私も、いざ会話となると冠詞なんて考えられない。単数だからなんだ。複数形だからなんだっていうんだ。

 1つ解決したかと思えば、また新たに生まれる疑問。さっきよりも聞き取れない単語だらけの質問をお姉さんは言う。

 ……???

 辛うじて聞こえたelseの意味をど忘れしていたし、except photoって言ってたけど私はキョトン。それでも身振り手振りを交えて何かを伝えようとしているお姉さん。徐々に私も掴み始める。

 あっ、この人、写真以外は売ってないの?って聞いてる!!!

 理解出来た喜びから、フォトオンリーと少し大きな声で答えた。フォトオンリー。階段の前にある傘とかペンライトも買おうと思えば買えるよと、単語の羅列で伝えておいた。しばらくしてからKAT-TUNの折り畳み傘を見ていたから伝わったんだと思う。


 私が何度も聞き返して、お姉さんが何度も伝えてくれたおかげでお姉さんは無事購入出来たようだが、申し訳なさそうに何度もSorry...と謝られてしまったので逆に私が申し訳なくなった。お姉さんが言いたい(のであろう)ことを聞き取ることは辛うじて出来た。それに対する返事も日本語でならバッチリ伝えられる。しかし、英語で表現しろと言われるとできないのだ。

 ただ、単語の羅列でも相手はなんとか理解しようとしてくれる。伝えようとすることが大切なのだ。いやもう、私の単語力が無いことに関しては開き直っているから良いこと言ってまとめようとしてることは許してほしい。
 
 強いて言うなら、ジャニショの写真のサンプルは全てのグループで揃えて欲しいし、別に私は要らないけど説明が難しいから写真以外のものも売っておいてほしい。タレントに海外進出させたがるなら、日本のジャニショもある程度の外国語に対応させてよ!

 今後、私と同じような経験をする人が居たら少しでも役に立てばいいな。このエントリが。…無理か。

 あっ、お姉さんに自担の宣伝しておくの忘れてた!(新規獲得に貪欲なヲタク)

 

*1:良曲揃いだから買ってね